人によって違いあり!オリックス銀行のカードローンの審査

安定収入さえあれば審査が通りやすいと言われるオリックス銀行のカードローンですが、人によっては審査の方法は変わります。例えば自営業者の場合には、会社勤めをしているわけではないので、その安定収入を証明する必要があります。正社員やアルバイト、パートであれば勤める会社へ在籍確認の電話をすることで確認を取ることができます。一方で自営業者の場合には、自宅での仕事という人も多いものです。そこで在籍確認は自宅へとなります。ただし、一般的には身元確認は2箇所必要となるケースが多いものです。その点、オリックス銀行での融資を受けるためには、少なくとも事業を行う拠点に固定電話を引くことが必要となります。いつでも連絡が取れる場所が確保されていることを求められるわけです。さらに問題の安定収入の件ですが、会社勤めをしていれば借り入れ上限額が300万円までは特に所得証明は必要ないものです。けれども自営業者となれば、それを求められることになります。具体的には課税証明と確定申告の写しです。これによって、毎月換算で幾らの収入を得ているのか判断されることになります。このように審査が厳しくなるのは、リスクを減らして金利負担を少しでも減らすための工夫です。金利にはある意味、返済できなくなった人のための保険料が含まれることになります。つまり、他の加入者で返済できない人の支払いをカバーしているようなものです。それを避けるためにオリックス銀行では厳しくチェックしているわけです。
オリックス銀行カードローンの借り方|借り換え・おまとめ希望の方におすすめな理由とははこちら